スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告
2006 / 05 / 11 ( Thu )
へいへいへへへーい!

5月12日にっ  つまり明日に!
日時   :第4回寄席du! 2006年5月12日(金)
       BAR OPEN:18:30
        PERFORMANCE TIME:19:00-22:00

場所   :Xanadu (渋谷東急文化村向かい)
         〒150-0043

   渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティストビルB1F
   Phone:03-5489-3750 Fax:03-5489-3820
   http://www.xanadu.ne.jp
   http://www.xanadu.ne.jp/I

料金   :1,500円
     追加ドリンク・フード:ALL500円

座席   :自由席(再入場可)

にでまあああっす!

みなさんよろしくでございまするですますです!


ふふふ、なんか頭が重いぜ・・・

あれだぜ、脳みそがいっぱいで重いに違いないぜ・・

あぁ・・きっとそうさーぜんぶうーそーさー
夏の女はまぼろしーーーーーーー

意味不明に爆風スランプあられちゃん!?!?!?


さて、明日どうなることやら。。。

22 : 04 : 36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
トイレの大冒険2話   & ぼくわたしにできること 第2章1話~4話
2006 / 05 / 05 ( Fri )
まえの いきおいで書いていたトイレの物語のぉぉ
続きだあああ こんちくしょうめえ



あははははははは
外からライオンさまのうなり声が聞こえるトイレなんざ、レアだぜ、レア!
なんて、言ってもても現実はどうもこうもしない・・

まて、まてまてまてまて
こう言うときこそ、落ち着くんだ

そう、落ち着いて事態に対応すればおのずと解決に導かれるに違いない!

まぁそうなら、落ち着いてるだけで世界は平和になってるはずなんだろうけど・・・

ガリガリと爪を立ててドアをかきむしる音が聞こえている
これで落ち着けたら金メダルものだぜ
ってか、なんの競技の金メダルなのかはさっぱりだけれど・・

しかし、そこで俺のスイッチが入った!
そうこのピンチを切り抜けるためのスイッチ!!!

では、なく・・・・・

お腹のスイッチだ・・・

そう、またしても・・・こんな状況だというのに・・・

う、

うんこがしたい・・・・・・

人間ていうのはなんて不便に出来ている未完成な生き物なんでしょ

便は出るの不便とはこれいかに  なんちゃって・・・・

もうこうなったらやけくそだ

まさに、糞をするだけに やけくそ だ!

おおお、なんだか知らんが、駄洒落の調子だけは良いぞこんちくしょうめ

ライオンさまはドアの破壊を試みようと必死である

そして、俺は便をしようと必死である!

もういい! どうせなら、すっきりして死にたい!!

そう、すっきり快便で!!!

どっちが先か勝負だぜ ライオンさま!

俺は頑張った必死で頑張った、額に脂汗なんかもにじませながら頑張った

その結果!!

ライオン様のドア破壊より先に用を足すことに成功したのだ!

やったーーー やったよ俺! なにかしらに勝利したよ


まぁ・・・このあと死ぬかもしれないけれど・・・・

勝利の余韻に浸りながら、俺は水を流した

!??!?!??!?!?

水を流した・・・・


あれれ
おかしいぞ? 水の音は聞こえるけれど、もうライオン様のうなり声が聞こえない
爪の音が聞こえない?

まさかっ!ライオン様は俺のウンコの臭さに逃げた言ったのか!
勝利か!まさに勝利なのか!!

意味不明な勝利感に包まれながら、俺はおそるおそるトイレのドアを開けてみた

すると・・・・・・・・・・

おいおい・・・・
さっきまで大草原だったよな・・・
んでもってさ・・・こ、ここは・・・・・どこだあああああああああああああああああああ!!

わかるように状況を説明せねばなるまい

ドアを開けたその先は・・・・
さ、砂漠・・・・だった・・・・

見渡す限りの 砂  砂  砂!!!!!!

そのなかに、ポツーンと トイレ!

なんだよ、これ・・・ライオンはどこいったんだよ・・・(らいおんの脅威が去ったとたんに様付けをやめる男)
んでもって、ここ鳥取砂丘だったり・・・してくれ・・・なさそうだよな・・・

まぁまて、考えろ、考えるんだ
ともかく、ライオンに食われることはなくなった
しかし、別の方法で死んでしまう確率は何ら無くなってはいない

とりあえず、外を探索してみることにした
と言っても、トイレからあんまり離れてしまうと迷ってしまいそうだったので
ほんの数十メートルほどだけれども

探索の結果わかったこと!

なんにもわからないということがわかった!!!!!!!!!

以上! なんもなし!

そんなのわかってたまるかよ、うんこして水流したら大草原でライオンに襲われ
また、うんこして水ながしたら、いきなり砂漠!
意味わかるわけな・・・・ おい、おい・・まてよ・・・

俺はおなじ行動をして・・・同じような結果におちいっているわけだよな・・・

とすると・・・・・・
まさか・・・・・
いやいや、そんな馬鹿な・・・・
しかし・・・・・

これか!
このトイレの水を流すと、ワープ?するってことか!
自分で言っていて原理などさっぱりわからないが、そうとしかおもえん・・

するとだあ、今また水を流せばこの砂漠からおさらばできるって寸法?

まぁまぁ、習うより慣れろ!考えるな感じろ!悩むより水を流せ! だ

とにもかくにも、俺は水を流すレバーを引いた
(ふと思ったんだが、なんで水流れるんだろうな・・・砂漠だしな・・・)

さぁて、これでドアを開ければ・・別の場所・・もしかしたら、もとの部屋に戻っているかも・・・

ドキドキ感に包まれながらドアを勢いよく開ける!!!

しかして、その場所は・・・・・

砂漠だった・・・・
さっきと何ら変わらない砂漠だった・・・・・

おいいいいいいいいい、違うのか!
水を流せばワープするって原理じゃないのか!
おいいい、そうなるとどうすれば戻れるんだ・・・・・

途方に暮れる俺

砂漠の風は何ら俺の心を癒しはしなかった。

まて・・・まてよ・・・・
さっきは、ある行動が抜けていたのでは・・・・・
そう・・・水を流しただけではダメなのでは・・

そう!!!
自分で言っていて頭おかしいと思うが・・・

ウンコを流してないからダメなのでは!!!!!

もう、どうしていいかわからないのだから、試せることは全部試すしか!

俺は便器に座りうなった、うなった・・
しかし、こう言うときに限って うんこ様は出てはくれない・・・・

ああああ、でない・・・でないよ・・・
そりゃそうだ、さっき2回も出したんだ ゲリでもない限りそうでるもんじゃ・・・

はああ、こうなったらああああ
ゲリになるしかあるまい!
それだ、それしかないのだ!

俺は ゲリに   ゲリに なるぜえええええええええええええええええええ!!

俺の新たな戦いが始った

そう ゲリになるための戦いが・・・・



つ、続く  かも。。。。


⇒続きを読むですか?
14 : 18 : 25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライブのことなどそっちのけで・・・・小説!?!?
2006 / 04 / 24 ( Mon )
いきなり適当新作小説!!!

題名は きめてなどいない!

だって  15分で書いたから!!!









日曜日のある晴れた日

ああ、こんな日は外出をしてデートなどを楽しむのがいいんだろうが
かなしいかな、そんな予定は全くもって皆無!
悲しいくらいにすっぽり空いたスケジュールに我ながらすがすがしさすら感じてしまう
そんな日曜日

まぁ、空もすがすがしいのだから、スケジュールもすがすがしくて問題ないことだ

と、自分を無理に納得させてみる

空はきれいだ。小鳥がちゅんちゅんさえずっている
こんな青空を見て一句ひねりたくもなってきそうなのだが
いまは違うものをひねり出したい気持ちでいっぱいだ

どんな美少女でも、アイドルでも
こればっかりからは逃れられない
そう、朝に爽快感をあじあわせてくれるものでもあり
まぁ、臭いものでもあり・・・

なんというか

あえて直接的な表現をとるならば

ウンコをひねり出したいのだ!!!!!

食事中の皆さんには失礼極まりないとは思うが・・・
おまえも、あなたも、そこの紳士も!そこの淑女も!
当たり前のようにしていると言うことを忘れてはいけない!!

少し足早にトイレに向かう俺
その速度から、少しばかり焦っているのだろうとうかがえる
まぁそれはさておき
ずぼんをおろし、便座に座り

はぁ~・・・・

っと一息

これまた、なんともいえない、開放感であることは間違いない

ああ、みなさい!トイレの小窓からも美しい空が見えるではないか!
あぁ、例のものといっしょに一句ひねりだしてやろうか

いやいや、ここは集中せねばいかん
集中を切らすと例のものはそう簡単には出てきてはくれないのだ!

・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・

しばしの間

俺は用を足して、スッキリとした爽快感につつまれていた
そして、当たり前のように水を流すレバーを引く
ズボンを履き、立ち上がり、軽く背伸び

しかして、そのとき、まさかそんなことがおこっていようとは
その時点では全くもって気づきようもないことなのであった

そう、軽く鼻歌でもはなずさもうかという感じで、トイレのドアを開けると・・

そこは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「・・・・どこ・・・・どこなんだよ・・・・・ここはああああああああああああああああああああ!」

おいおい、ちょっとまてとにかく深呼吸だ
大きく吸って、ゆっくりはく
すってーーはいてーーすってーーーはいてーーーす、すーーっ・・
うがあああああああああ

俺が見ているものを、みんなに説明せねばなるまい・・・

そう、トイレのドアを出た先は

大草原だった・・・・

おいおい、なんでだ・・・

後ろを振り返ってみる
そこには確かに、トイレのドアが存在している
ドアのなかにもトイレは存在している

しかして、しかしてだ!
トイレの外は大草原!

ってか、どこだここは・・・・
日本・・じゃない感じ満々な広大に広がる大草原

まさに、ライオンでも出てきてもおかしくないほど・・・

あれだ、想像することは実現する なんてことを
えらい誰かさんが言っていたような気がするのだが
ここではやめてもらいたかった・・

そう、ライオンさんの登場・・・・・は、全くもってやめてもらいたかったのだ

うそおおおおおおおおお、おいおいおいおいおいおいおーーーーーーーい

てか、なんだ・・・あれれ
いまライオン様と目が合ってしまいましたよ・・・・
あれれ、そして見つめ合ったまま・・・こっちにおいでになろうと・・・

いーやーだーーーーー
可愛い女子ならまだしも、なぜにライオンと見つめ合わなければならんのだ

そして、ライオンの目の奥に潜む感情は簡単に読むことが出来る

そう

おまえ、おいしそうだな

だあああああああああああああああああ!

一瞬して出来る立場関係

俺=おいしい食事

に、逃げなければ・・・・・
しかして、ここは逃げ場もない大草原・・・
ライオンがどれくらいの速さで走るのかは知らないが
確実に俺より速いことは明白だろう

どうする、どうするよ、俺!
考えろ、考えるんだ 的確にそれでいて迅速に!

あああ、そうだ
これは実は夢でしたーー てへっ☆ミ
ってことではどうだろうか!

そうだ、こんな事が現実に起るわけがない
もう一度言おう

起るわけがない!!!!

そうだそうだ、よくトイレに行く夢を見るとかはあるわけだし
夢ゆえに、つじつまの合わないあり得ない展開なのだ

うーーむ、納得した

納得はしたけれど、自体は何ら好転はしていないことも事実だった

目の前にいるライオン様は、夢と言うにはあまりにもリアルであることも事実だった
ああ、よだれなんかをだらだら垂らしていらっしゃる
そして、なんでだ、なんで俺、ライオンに敬語使ってるんだ!!!

強いものにはついついこびてしまう悲しい人のさがであろうか・・・

そして、さらに考えてみる

タブン夢であるとしてだ・・・

もしも・・・・・いや・・もしかして・・・これが夢でない場合は・・・・
ちょっと・・まずいんじゃないだろうか・・・・・・・・

少しばかり・・・・・やば・・・やばすぎるのではないだろうか・・・・

夢じゃーーーーん あはははは  で終わらせてはいけないっと
からだの奥底で出している信号に、あえて気がつかないようにしているのではないのだろうか!

あああああああああああああああああああ、
せまってくる、じりじりと、ライオン様はせまってくる

そうだ、大草原のかけっこで負けるのであるならば

俺の後ろにはそう!
ドア&トイレがある!

選択肢はあったのだ!!

ライオンと一瞬目をそらす
その隙をついて、ライオンはこちらに飛びかかってくる
うわああ、なんてリアルな夢なんだ・・・
うなり声まで忠実に再現しすぎだぜ・・・・

そして、俺は急いでトイレにかけこみ、ドアをしめる!

バタン!

ドアはしまった

こ、これで助かったのか・・・・

と思ってみたものの、
ドアの外からは、 

ぐるるるるうるるるるるるるるぅぅぅぅ

とのライオンのうなり声がまだ聞こえる・・

ってことは・・・

と、そぉーーーっと少しだけドアを開けて外をのぞき見る

ああ、また目があっちゃいましたよ・・・ライオン様と・・・

そう、トイレに逃げ込むことは出来たが、事態は何ら変わってはいないのだ!

どうする・・どうするよ・・俺


なんのスケジュールもない日曜

そこに、まさかこんなスケジュールが舞い込もうとは

そして、この先まだまだびっちりととんでもなスケジュールがつまっていようとは・・・

思いもしなかったのだった・・・・・・


続く・・・ かもね。。。。
09 : 04 : 32 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思いのまま文章1 & 小説続き
2006 / 03 / 30 ( Thu )
真っ暗が好きだったりして

目を閉じてさぁ いろいろ考えたりしてると

イメージがさ 見えたりしない?? 見えてきたり?

あれ、真っ暗で何も見えないのに何で見えるんだろ

ああ、僕の想像が見えている?

ああ、僕の思いが見えている?

不思議な力? これが脳の力?

そんなときがよくあったり

でもね、少しでもイメージがあやふやになると

すぐに崩れていってしまう

水に波紋が出来てぐちゃぐちゃになるみたいに

好きな人の顔を作ってみる

でも、すぐに崩れる

ああ、正確に好きな人の顔を思い浮かべることは難しいことなんだなぁと 思ってみる

崩れてすっごい不細工な顔になる

なんだか、悪いことをした気持ちになる

ごめんね、君の顔をぶさいくにしちゃって って 思う

こんな遊びでも時間をつぶせてしまう自分が好きだったり嫌いだったり

ンで、ふと思ってみる

これって、いわゆる心の目ってやつなのかなぁ って

おいおい、それはただの妄想だろ って

ああ、そのうちに眠くなってきて

寝てしまうよ

夢を見る

ああ、夢を見る・・・・・

おやすみなさい





★そんでもって小説続き
10話からだっけかなぁ 
おひまなひとはよんでみればいいさ
⇒続きを読むですか?
15 : 58 : 30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ライブ詳細情報!!!
2006 / 03 / 30 ( Thu )
うおおおおおおおおおおおお

ライブの詳しい情報を載せますよおおお

4月2日 午後7時より  中野 Studio twl にて!


4月3日 午後7時より  中野 Studio twl にて!


4月9日 午後7時より  新宿 鍋茶屋コンフォール にて!



ンで、続き




4月16日 午後7時より  中野 Studio twl にて!

ちなみに、すべて、開場は開演の三十分前です
6時半から開場はあいてるってことですね♪


中野 Studio twl の場所などは

このHPをごらんあれ!
http://www.studio-twl.com/

新宿 鍋茶屋コンフォール の場所は

http://www.c1.i-friends.st/index.php?in=IMOmanzai&pan=image133&tn=image
をみればいいかな・・

な、感じなのです

みなさあああああああああああああん よろしければ見に来てくださいまし!!!

よ、よろしくお願いいたしますーーーー

チケットが売れないと・・・・
あ、アタシのおっぱいが出なくて・・あ、赤ちゃんが;;

てか、おっぱいでたら恐ろしいね★ミ

よろしくです!



14 : 02 : 23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ